日本橋のバイトは専門職か定番かどちらか

少し古い話になりますが、東京・日本橋と言えば古くから問屋街として知られています。また歴史を
紐解けば、東海道五十三次の起点としても知られています。何となくのほほんとした下町の空気が
たまらなく大好きで、一時期は足繁く通っていたこともあります。
年齢がバレるようでアレな話なんですが、昔このあたりでバイトを探していた時も、やはり問屋街ということも
あってか、どちらかと言えば体力勝負のバイトが多かったような気がします。
しかし近年はオフィスビルも並び、小ぎれいなショップやレストランも並ぶようになって、少しづつですが下町の情緒が失われてきているような気がしてなりません。
そこで興味本位で今現在の日本橋って、どんなバイトがあるのかなと調べてみることにしました。
するとまあ色々出てくることは出てくるんですが、何と言うか…体力勝負のバイトは減っているように見受けられました。先程も述べましたが、オフィスビルやらレストランやらが立ち並んでいる、ということは、必然的にバイトもそういう方向になってしまうんでしょうね。
事務関連やレストランのホール、厨房、あとはお約束のコンビニなど、といった感じでしょうか。
問屋がらみの力技のバイトがかなり減っているように見受けられます。ある意味、専門職と化しているような気がしてなりません。そりゃあ特殊といえば特殊な職業ですけれども。倉庫番のようなバイトがほとんど見受けられなくなってしまっていました。
時代の流れといえばそうなのかもしれませんが、ほんの少しだけ寂しくなってしまった結果でした。
うーん、残念。

Leave a Comment