研修中のスタッフは温かく見守りたい

この4月に進学・就職・人事異動などで新しい学校・職場へと初出勤をした人も多いことでしょう。学校でも仕事でも初めての場所に行くときは緊張するものですね。それはバイトでも同じでしょう。とくにバイトの場合、即戦力として研修期間なども少ない場合もありますから、初出勤の日は緊張するでしょうね。
私たちがスーパーやコンビニなどに買い物に行くと「この人は今日が初出勤なのかなあ」とか「まだ入ったばかりなのかなあ」と気づくこともありますよね。接客業だとOJT(on the job trainingの略)ということで、即日現場に立たされることもあるでしょう。研修中などという名札をつけたバイト社員の人が、一生懸命レジに立っている姿もよくみかけるものです。
先日私も、家の最寄駅近くのコンビニで、初出勤だと思われるバイトさんが、店長さんに付き添われて初めてレジにたっているのだろうなあと思われる場面をみかけました。その新人さんは、まだ声も小さく、手順もまだ覚えていなかったため、本当に初出勤だったのでしょうね。後ろで店長さんのアドバイスの元、仕事にあたっていましたが、思わず頑張ってねと声をかけてあげたくなるほほえましさでした。
新人さんがレジに立つと、もたもたとして手際も悪く、遅いとイライラする人も多いかと思います。しかし、誰もみな初めての時というのはあったのですから、研修中の新人さんに対しては寛大な気持ちで接してあげたいものですね。

Leave a Comment